矯正歯科

矯正治療について

戸高歯科医院では、予防と並行して、歯並びを治療する矯正(きょうせい)を積極的に行っています。
現在、新規では中学二年生以下の方のみ、お受付しています。

矯正治療には大きく分けて床(しょう)矯正とブラケット矯正の2つの方法があります。

床矯正装置

床矯正装置

床矯正装置

床矯正装置

 

 

 

 

 

 

 

 

床矯正は、小学校一年生頃(もっと早い場合もある)から、入れ歯の形をした取り外しのできる装置を使ってあごを少しずつ広げて歯を並べていく方法です。

ブラケット矯正は、永久歯が大体生えそろった小学校高学年頃から中学・高校にかけて、 一本一本の歯に針金を付けて並べる方法です。

 当医院では、前者の床矯正を中心に治療を行っています。床矯正はブラケット矯正と比べ、以下のような利点・欠点があります。

利点

  • 取り外しができるので痛い時や都合の悪い時には外すことができる
  • 外して歯みがきができるのでむし歯になりにくい
  • 見た目もあまり気にならない
  • 痛みが少ない
  • ブラケット矯正よりも費用が安い

欠点

  • 取り外しができるため、本人が頑張って装置を使ってくれないとうまくいかない
  • 成長に合わせてあごを広げていくため、子どもの時には大変有効な治療法だが、成人になるとできない場合がある
  • 1本1本の歯を細かく動かすことはできない

矯正治療は治療期間も長く、健康保険が使えないため、高額の費用がかかります。どちらの方法で行うにせよ、セカンドオピニオン(複数の医療機関で相談すること)も含め、じっくり説明を受け十分納得された上で治療を始めることをお勧めします。

治療費用について

矯正治療の費用は健康保険は使えません。すべて自費で、以下に示す相談料+診断料+矯正料+調整料および必要に応じて修理料の合計額(消費税別途)になります。費用のお支払いについては分割に応じますので、受付にてご相談ください。

相談料

当医院の矯正治療について全般的なお話をします。また治療費の目安をお知らせします。矯正を実施する/しないに関わらず相談料として2,000円かかります。

診断料

さらに詳しい説明や、費用の詳細については、歯型とレントゲン写真が必要です。歯型とレントゲン写真の費用(診断料)として5,000円かかります。

1_診断11_診断2

矯正料

装置代込みで、400,000円です。

歯を動かす床矯正装置は、大きく2種類あります。

  • 拡大装置を使った場合

当医院で作製する装置で、1週間でできあがります。

kyouseisouchi-23_拡大装置

  • SH装置を使った場合

特殊な装置です。東京の技工所に外注するため、出来上がるまで4週間かかります。

shshoumen3_SH装置

いずれも、使い方が悪くて壊れた場合は、装置を作り直すのに1万円から3万円かかります。

調整料

矯正装置を適時合わせていく料金として、毎月2,000円かかります。

修理代

治療途中で装置を修理したり、ネジを追加したりした場合などには、その都度1万円から3万円かかります。

治療の流れ

矯正治療の流れは以下の3ステップで進みます。

  1. 装置で動かす期間
  2. 装置を入れたまま永久歯が出るのを待つ期間(半年〜2年)
  3. マウスピースやワイヤーで固定する期間

<流れの例>
・治療開始〜2年目:動かす期間
・2年目〜3年目:永久歯を待つ期間
・3年目〜5年目:固定する期間

治療症例

【小学校4年生女児 】拡大装置

「出っ歯」が気になり来院。「できる範囲でお願いします」とのことでした。

難易度 ★★★☆☆  /治療期間 5年  /装置の数 3個 

治療前

mae1 mae3

mae2 

【中学2年生男子】SH装置

小学校の頃から出っ歯で悩む。中学生になって来院。
難易度 ★★★☆☆  /治療期間 3年  /装置の数 2個 

治療前

mae1 mae3

mae2 

3年後

mae1 mae3

mae2